10月5日(火)ハンバーグ

  スポンサードリンク
 
朝食:食パン・ブルーベリージャム。

昼食:学校の授業で作ったご飯。

夕食:ハンバーグ、カイワレ大根とのりのサラダ、冷奴。

今日は火曜日、お買い物の日~♪

先週分の食材がまだ残っているので、今回は少々少なめ。

total1,798円

料理の練習のためにも毎回なにか新しい食材を買うように
心がけているんですが、今回のニューフェイスは
かいわれ大根と味付けのりです。

あとは、無性にハンバーグが食べたくなったのでひき肉と、
ずっと気になっていた男豆腐店のお豆腐などを買いました。

ここでうにが作る、“ふっくらハンバーグ”の作り方を
紹介します。

〈材料〉
    ハンバーグ
  • 牛挽肉
  • みじん切り玉ねぎ
  • すりおろしにんにく
  • すりおろししょうが
  • パン粉
  • マヨネーズ
  • 赤ワイン
  • ナツメグ
  • 塩コショウ
  • (じゃがいものすりおろし)
  • 紅茶(ストレート)

    ソース
  • ケチャップ
  • ウスターソース
  • 赤ワイン
  • 紅茶(ストレート)
  • バター


作り方は普通のハンバーグとおんなじですが、
うにの作り方のポイントはこちらです。

☆玉ねぎは、にんにくとしょうがと一緒に
 じっくり炒める。
☆じゃがいものすりおろしを入れる。(たまに)
☆牛乳を使わず、パン粉は赤ワインでふやかす。
☆タネに、マヨを小さじ1入れる。
☆焼くとき、片面をしっかり焼いたら
 ひっくり返して、紅茶をフライパンに入れて蒸し焼きにする。
☆ソースはハンバーグを焼いた後のフライパンに材料をすべて入れ
 強火で煮詰める。(はねるので注意)

上2つは料理教室で習ったもの。
赤ワインやじゃがいものすり下ろしなど、なにかと
水分が多いので、片栗粉を入れてハンバーグが水っぽく
なるのを防いでいましたが、上手くいかなかったので最近は
片栗粉を入れず牛乳をカットして作っています。

また、紅茶で蒸し焼きにするのは、フードコーディネーターの
青木敦子さんが以前テレビで紹介していた技です。

実際に真似してみると、とってもふっくらで美味しかったので
リピートしています。

このレシピは日々毎回改良していますがまだ未完成で、
分量も今のところ全て目分量です。

いつか、1番美味しい!と思えるハンバーグを作ってみたいですね。
今度分量を少しずつ変えて、食べ比べてみようと思います(・∀・)ノ!

今日のは美味しかった(*/∀\*)
  スポンサードリンク
 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ